standard

<< thr | main | fiv >>
for
4日目、5時起床。

5時って!まだ、夜中!

と思いつつも二度寝に失敗して朝風呂。尚、この3日はすべてソファーで寝落ちしているため、首と腰が限界に近い。今夜こそはベットで。

お馴染みのハムトーストを食べて、犬散歩&顎薬。
しばらく井上真偽の「聖女の毒杯」を読んだ後、昼飯を食べに車でラーメン屋へ。
近所の狭い道で、年寄りが横断歩道を渡りそうになってるのをもろともせずに突っ込んでくるホンダオートテラスの営業車を睨みつつ、ラーメン屋へ。運転していた人間(もはや人間とも思えないが)がホンダオートテラスの社員かどうかは定かではない(ホンダオートテラスに強盗に入って逃げる途中の男かもしれない、むしろその方が暴走の説明がつく)が、念のためホンダの車は一生買うまい。
ラーメン屋のドアに、2月一杯で閉店するとの張り紙をみつけ、心の中で残念な気持ちと、でしょうねという気持ちが入り乱れる。
客が一人もいない店内に入ると店員が空いてる席へどうぞと言うのでいつもはカウンター直行だけどせっかくこう言ってくれたからとテーブル席へ座ろうとすると、あっそこは、と制止される。まだ品は来てないけど、注文してトイレに行ったらしい。まさかそんな可能性の低いハズレを引くのか自分、と叫びそうになりながら、他のテーブル席は怖くて近寄れず(小さな店にトイレがいくつあるかわからないが意外と充実していた場合のことを考えて念のため)カウンターへ。
いつも通りスープが今ひとつ。もう一段階深ければ。でしょうね、という言葉が再び頭をよぎる。
帰りに近所の西友へ行くと、平日の昼間なのに駐車場がほぼ満車状態。
やっと空いたと思ったところに車を入れようとすると、70くらいのクソババアが立っていて、すみません来るんです、と懇願する。来るんです、じゃねーよ。こちとらもう来てるんだよ、と腹わたが煮えくり返る。
70くらいのババアに。
駐車場横取りされたくらいで。
腹わた煮えくり返る。

神様、なんて小さい人間なんだ。どうしてこうなっちゃったんだ。罰を与えてください。次のおしっこの後チャックを閉めるときに一物をはさんでくださいまし!

何もかもが嫌になり買い物もせず、そのまま西友を出て帰宅。

「聖女の毒杯」の続きを見つつ、3時間ほど昼寝。もう昼寝のレベルではない。ハイレベルな昼寝、もしくはローレベルな就寝。
起きて犬散歩のあと、ご飯を食べながら録画してた「バイプレヤーズ」。
本編後のトークで、脇役のキャラかぶりの話になった時、実際にあった話が面白かった。年末と年明けのこの日空いてますか、と事務所にオファーがあったが、ちょうど「バイプレヤーズ」の撮影がはいっていたためマネージャーが、館山で撮影なんです、と返すと、またですか、館山で何かあるんですか、電話するとこみんな館山って言われるんですけど、と言われたらしい。名脇役がこれだけ集まってればそうなるだろうな。
ビール(ほんとは発泡酒)を飲みながらようやく「聖女の毒杯」を読み終わる。素晴らしい。よくぞミステリ作家になってくれた。今年一番だな。まだ1月だけど。
まだ1月かー。

| thestandard | - | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:20 | - | - |









http://thestandard.jugem.jp/trackback/782
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
www.flickr.com
幸せの四つ葉
幸せの四つ葉(スズラン)
正しい保健体育
正しい保健体育 (JUGEMレビュー »)
みうら じゅん
こんな先生に出会いたかった。
でも、出会わなくてよかった。
獣国志
獣国志 (JUGEMレビュー »)
ルノアール兄弟
「バカドリル」の鬼才、天久聖一の匂いがする。特に「ヌーディティ」は絶品。
ナンシー関 消しゴム版画
ナンシー関 消しゴム版画 (JUGEMレビュー »)
ナンシー関
馬場と邦衛だけでも見ておいた方がいい。
さようなら、ギャングたち
さようなら、ギャングたち (JUGEMレビュー »)
高橋 源一郎
高橋源一郎は、ただの競馬好きではない。
あなたに似た人
あなたに似た人 (JUGEMレビュー »)
ロアルド・ダール, 田村 隆一, Roald Dahl
田村隆一さんの訳が絶品。
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ

このページの先頭へ