standard

<< フレームからつくる | main | タダでガス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
見えない糸
パルコ・リコモーションプレゼンツのお芝居、
「開放弦」を観た。
(全公演終了しているので、ちょっと内容に触れます。)

作:倉持裕、演出:G2。
出演は、大倉孝二、水野美紀、京野ことみ
丸山智巳、伊藤正之、犬山イヌコ、河原雅彦。

舞台は田んぼに囲まれた田舎の一軒家。
水野美紀と丸山智巳が新婚夫婦なんだけど、どうもよそよそしい。
大倉孝二と京野ことみは
丸山智巳が農業のかたわらでやってるバンドのメンバー。
犬山イヌコと河原雅彦は東京から近所の取材のためにやってきた
漫画家の夫婦。
伊藤正之は編集者。
詳しいストーリーはこちらをどうぞ。


お目当ては水野美紀だった。
意外と舞台をやってるらしいが
(『桜飛沫』<阿佐ヶ谷スパイダース>、
『アテルイ』『アカドクロ』<ともに劇団☆新感線>など)、
観るのは初めてだった。
昔、テレビで見た男前な回し蹴りの印象が強いので
志穂美悦子ばりのアクションを期待していたが、
ほぼ真逆のおとなしい役だった。
どこかのじじいの愛人をしていたが
子供ができてしまったので
じじいに借金をしていた丸山智巳をあてがわれ、
体よく片付けられたというなんとも不幸な境遇にありながら
とてもおっとりとして淡々と過ごしている女性を
結構おもしろく演じていた。
世間ずれしていて話し方も少しもっさりしていた。
100m走をさせたら、すごく足が遅い上に、
80mくらいで休憩しそうな感じ。
他の6人が揃いも揃って切れ気味のキャラクターだったので
その対比がかなりツボにはまった。
そしてラストシーンでは
それまでの30代おっとりおばちゃんキャラではなく、
まるで10代に戻ったような瑞々しさで
下手なギターを夢中で弾きつづける。
あれはよかったなー。
ちょっとギターを習いたくなったくらいよかった。
会場のグッズ売り場でギター売ってたら買ってたなってくらいよかった。

大倉孝二はナイロン100℃では、
結構まともな役が多いように思うが、
今回は思いっきり切れまくっていた。
切れたときの、自分で自分をコントロールできなくなって、
手足がからまっちゃうくらい暴れまわるさまは、
何度見ても笑える。
背が高くて手足も長いから、舞台でとてもよく映える。
特に序盤で、ある事情により、
舞台中央の鴨(カモ)を舞台袖まで蹴りださないといけなくなった
ときに見せた「スライディング・カモ・キック」は圧巻だった。
あの長い足で滑り込み、カモを蹴った瞬間、
舞台袖から見えない糸でカモが引っ張られ、飛んでいった。
役者とスタッフの見事なコンビネーションで、
メルパルクホールFUKUOKAの観客の度肝を抜いた。
会場のグッズ売り場で「カモ人形(見えない糸付き)」を売ってたら
買ってたなってくらいおもしろかった。

犬山イヌコは、いつものマキバオーの声ではなくて
普通の声で演技をしていた。こっちの方がいいなー。
河原雅彦は、桑名正博(セクシャルバイオレットナンバーワン)のような
インチキ臭い中年男を、とてもインチキ臭く演じていた。
初めて見た丸山智巳という役者さんは
森山直太朗のような朴訥な演技で、これからがちょっと楽しみ。

全編を通じて、ゆったりとした曲が流れていた。
いい例えではないだろうけど、まるで無印良品の店内のようだった。
強く生きては行けないから、弱く生きて行こう。
観終わったあと、そんなことを思ったお芝居だった。
作者の意図とはまったく違うんだろうけど。

ちなみに、劇場でもらったチラシの中に
GOLF THE MUSICAL」というのがあって
とても観に行きたいのだけど
いろいろ事情があって、税込み7000円がつらい。
4000円くらいにならないかなー。
堀内敬子を是非、生で観たいなー。
| thestandard | | 03:08 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 03:08 | - | - |
standardさんも観に行かれたんですね。
私はその日、2本目のお芝居だった所為か、とにかく眠くて
意識が何度もとびそうになっていました。
ラストシーンは私もジーンとしました。
またどこかでニアミスしたいですね。
| きたむー | 2006/08/18 11:04 PM |










http://thestandard.jugem.jp/trackback/112
開放弦
さて、鼠小僧を観た後はメルパルクで開放弦を観て来ました。 しかし、コレが・・・・ なんだかマッタリとした流れが続いて、眠い・゚・(ノД`)・゚・ 実は「開放弦」が何なのかも知らなかったのです私。 うちのダンナさんに「開放弦眠かった」って言ったら 「開放
| ぴよこ日和 | 2006/08/18 11:01 PM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
www.flickr.com
幸せの四つ葉
幸せの四つ葉(スズラン)
正しい保健体育
正しい保健体育 (JUGEMレビュー »)
みうら じゅん
こんな先生に出会いたかった。
でも、出会わなくてよかった。
獣国志
獣国志 (JUGEMレビュー »)
ルノアール兄弟
「バカドリル」の鬼才、天久聖一の匂いがする。特に「ヌーディティ」は絶品。
ナンシー関 消しゴム版画
ナンシー関 消しゴム版画 (JUGEMレビュー »)
ナンシー関
馬場と邦衛だけでも見ておいた方がいい。
さようなら、ギャングたち
さようなら、ギャングたち (JUGEMレビュー »)
高橋 源一郎
高橋源一郎は、ただの競馬好きではない。
あなたに似た人
あなたに似た人 (JUGEMレビュー »)
ロアルド・ダール, 田村 隆一, Roald Dahl
田村隆一さんの訳が絶品。
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ

このページの先頭へ