standard

ous
仕事行き〜の
残業し〜の
お腹すき〜の
会社出〜の
王将入り〜の
メニュー見〜の
思いのほかじっくり見〜の
焼きそばと回鍋肉頼み〜の
生ビールも頼み〜の
しばらく待ち〜の
先に生ビール来〜の
泡多め〜の
一気に半分飲み〜の
意外なほど爽快感ない〜の
焼きそば来〜の
むさぼり食い〜の
この前より味薄い〜の
物足りない〜の
回鍋肉来〜の

口から迎えに行き〜の 美味い〜の
肉見当たらない〜の
探し〜の
少しあり〜の
大事に噛み〜の
味わい〜の
混雑してき〜の
客待ち〜の
ちょっと焦り〜の
急いでかきこみーの
レジに並び〜の
家族連れふた組の後ろに並び〜の
ひと組目金払い〜の
ポイントカード勧められ〜の
断り〜の
ふた組目金払い〜の
ポイントカード勧められ〜の
断り〜の
順番来て金払い〜の
勧められない〜の
ポイントカード勧められない〜の
独身男だからな〜の
落ち込んで王将出〜の
信号渡り〜の
道路の真ん中まで行き〜の
店員がお客さーんと叫び〜の
こっちに向かって来〜の
スマホ渡され〜の
店に忘れてた〜の
ありがと〜ね
店員さんありがと〜ね
しばらく行きづらい〜の。
| thestandard | - | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
ctt
ケラリーノ・サンドロヴィッチの絶賛ツイートを見て、夜中の1時に撮りためていた1話から見始めた「カルテット」だが、近年稀に見る傑作で2話まで一気に見て、これから3話目。
松たか子がうまいのはわかってる、わかってるとも、しかし、他の3人のキャスティングをよくぞまとめた、誰か知らないけど、よくぞまとめた。
しかも、もたいまさこにイッセー尾形とは。意外と吉岡里帆もうまいし。挙げ句の果てに、椎名林檎のエンディングを松と満島が歌うなんて、素晴らしいを通り越して、けしからん!
もう、眠れねーじゃねーか。
見終わった録画、消せねーじゃねーか。
| thestandard | - | 03:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
nin
9日目、お休み最後の日。
10時起床、朝パン、朝風呂、犬散歩。

明日からいよいよ社会復帰なので、髪を切る。
ここ2年ほど、自分でバリカンで切ってる。
結構うまくなってきたけど、未だにやっちまうことがあり、今日も後頭部でガリっとやった。大丈夫、誰も見ない。40過ぎのおっさんの後頭部なんか、誰も見ない。
| thestandard | - | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
egt
8日目、11時起床。
朝パン、犬散歩、朝風呂。
「半席」を少し読んで昼飯。


コートの襟の黒ずみ落とし用に少し前に100均で買った電動ハブラシに「エリ」とマジックで書く。
もう一つトイレの裏側洗い用に電動ハブラシを持っているので、それと区別がつくように書いたが、何らかの事故で死んだ時に遺族が「エリ」という女性を連想しては困る、いや、「エリ」という女性を妄想していた可哀想な生き物と思われてはならないと思い、「エリ・ソデ」と書き足す。
続けて「半席」を読んでたらもう夕方。
犬散歩して晩飯。
「シャーロック」見て、「半席」読んで眠る。
| thestandard | - | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
svn
7日目、6時半にホテルで起床してシャワー浴びて博多駅へ。
7時56分の特急。平日のこんなに早い時間なのに満席。ランタン祭りの影響か。中国人率2割。
長崎駅に着いて車に乗って犬を引き取って、そのまま稲佐山のドッグランへ。貸し切り状態。走り放題。
家に帰って昼飯食べて読書、と思わせといて昼寝。3時間。目覚めない。病気。
犬散歩して買い物行って晩飯食べて読書。
ようやく「連続殺人鬼 カエル男」を読み終わる。うーん、いまいち。最後はうまかったけど、伏線が目立ちすぎ。もう少しうまく馴染ませてほしかった。
| thestandard | - | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
six
6日目、8時起床。
朝パン、朝風呂、犬散歩。
ふと思い立ち、福岡へ出発。
(なんつって、ほんとは日曜日に思い立ち、電車を予約してました。)

犬を動物病院のペットホテルに預け、浦上駅へ。
ここの駐車場は特急を使うと24時間600円でとても安い。
駅に着くと「満」という赤い文字が目に入る。みつる君という名の迷子を探してるのかな、と思いつつ、いや思わない、明らかに満車やないか。平日のド田舎の2番手駅で、なんで満車なのか。全く考えてなかった。ジャニーズか、またもやくそジャニーズがヤフードームか。
近くの駐車場に1泊駐めると3000円くらい取られるから馬鹿馬鹿しい。
いちかばちか同じサービスをしている長崎駅へ。
2番手が満車なのに1番手に空きがあるとは思えないが、もはや平常心を失っている。10分ほど走って駅に着くと「空」という緑の文字が目に入る。そら君という名の迷子、とは思わない、空車やん、1番手が空車やん。
喜び勇んで駐車して少し考えるが、この奇妙な逆転現象の理由はわからない。わからないけどしょうがない。そういうもんだ、そういう風に相場が決まってるんだ、一般大衆には預かり知らぬところで決められてるんだ、一生きょろきょろ周りを見渡してよだれを垂らしながら生きていくしかないんだ、と自分に言い聞かせて改札を通る。
もう電車はスタンバイOKだったけど余裕があったのでトイレへ。
運転士も同意見だったらしく、トイレの入り口に可愛らしく荷物と制帽がちょこんと置いてあった。


ここで問題です、発車前に運転士がトイレに行く電車は、上りか下りか。正解はもちろん下りだね。わからない人はお家の方に聞いてみてね。

博多に着いて、アミュの上の方でよくわからないけど高い定食を食べて、天神のジュンク堂へ。最初の20分で買いたい本の金額が1万円を超えて脳内破産。その後の2時間で3万円を超えて万事休す。全く絞りきれず、結局1冊も買わずに出て近所でモンブランケーキを食べて正気を取り戻す。
やっぱジュンク堂すげえな。本との出会いの確率が半端ない。これが本屋なんだ。次は必ず買います。それまで閉店しないでね。

晩ご飯はお待ちかね、「女と味噌汁」へ。ブリカマを頼むと、かなり大きいので半分焼きで半分煮付けにしましょう、なんていう心配り。独り者にはありがたい。出てくるもの全て美味しくて大満足でした。長崎にはここまでの店はないなー。長崎は競争が緩いから甘えが出ちゃうんだろうなー。
| thestandard | - | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
fiv
5日目、10時起床。
「クレイジージャーニー」の狩猟の回を見ながら朝食。罠にかかってさばかれた鹿を見て、そうか毎日いのちをいただいてるんだ、と小学生のような感想を抱く。ここでハムなんか食べてるといいんだけど、ハムは昨日で切れたので、卵をぐちゃぐちゃに焼いたやつをパンにのっけてるだけだったのであまりぐっと来ず。
間が悪い。生まれてからずっと間が悪い。と嘆きつつ犬散歩。

「超入門 落語 the movie」を見ながら、もはや休暇の折り返し地点であり、未だ何もしてないことについて考え、おもむろに車に飛び乗る。
というのはもちろん嘘で、昨日から美術館に行こうと計画していたので、計画通りに美術館へ。
狙っていた「デンマーク・デザイン」という展示で、数十万(もしかしたら数百万)の椅子に座って至福の時。腰のフィット感がたまらない。デンマーク人、天才だな。いつかこんな椅子を買って本を読むだけの生活をしたいものだ。
隣でやってた椛島勝一という長崎出身の画家のペン画の細かさと美しさに気が遠くなりながら帰宅。

夕飯を食べながらU-NEXTで「シャーロック」のシーズン2の残り1話とシーズン3の1話目を見る。このドラマはかなり面白いけど、話数が少ない。イギリスでは、この2話の間が1年空いていたことを考えると感慨深い。まさかあんな結末の後に1年待たされるなんて考えられない。イギリス人は馬鹿か。アメリカを生んだ国だから、まあ馬鹿か。


| thestandard | - | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
for
4日目、5時起床。

5時って!まだ、夜中!

と思いつつも二度寝に失敗して朝風呂。尚、この3日はすべてソファーで寝落ちしているため、首と腰が限界に近い。今夜こそはベットで。

お馴染みのハムトーストを食べて、犬散歩&顎薬。
しばらく井上真偽の「聖女の毒杯」を読んだ後、昼飯を食べに車でラーメン屋へ。
近所の狭い道で、年寄りが横断歩道を渡りそうになってるのをもろともせずに突っ込んでくるホンダオートテラスの営業車を睨みつつ、ラーメン屋へ。運転していた人間(もはや人間とも思えないが)がホンダオートテラスの社員かどうかは定かではない(ホンダオートテラスに強盗に入って逃げる途中の男かもしれない、むしろその方が暴走の説明がつく)が、念のためホンダの車は一生買うまい。
ラーメン屋のドアに、2月一杯で閉店するとの張り紙をみつけ、心の中で残念な気持ちと、でしょうねという気持ちが入り乱れる。
客が一人もいない店内に入ると店員が空いてる席へどうぞと言うのでいつもはカウンター直行だけどせっかくこう言ってくれたからとテーブル席へ座ろうとすると、あっそこは、と制止される。まだ品は来てないけど、注文してトイレに行ったらしい。まさかそんな可能性の低いハズレを引くのか自分、と叫びそうになりながら、他のテーブル席は怖くて近寄れず(小さな店にトイレがいくつあるかわからないが意外と充実していた場合のことを考えて念のため)カウンターへ。
いつも通りスープが今ひとつ。もう一段階深ければ。でしょうね、という言葉が再び頭をよぎる。
帰りに近所の西友へ行くと、平日の昼間なのに駐車場がほぼ満車状態。
やっと空いたと思ったところに車を入れようとすると、70くらいのクソババアが立っていて、すみません来るんです、と懇願する。来るんです、じゃねーよ。こちとらもう来てるんだよ、と腹わたが煮えくり返る。
70くらいのババアに。
駐車場横取りされたくらいで。
腹わた煮えくり返る。

神様、なんて小さい人間なんだ。どうしてこうなっちゃったんだ。罰を与えてください。次のおしっこの後チャックを閉めるときに一物をはさんでくださいまし!

何もかもが嫌になり買い物もせず、そのまま西友を出て帰宅。

「聖女の毒杯」の続きを見つつ、3時間ほど昼寝。もう昼寝のレベルではない。ハイレベルな昼寝、もしくはローレベルな就寝。
起きて犬散歩のあと、ご飯を食べながら録画してた「バイプレヤーズ」。
本編後のトークで、脇役のキャラかぶりの話になった時、実際にあった話が面白かった。年末と年明けのこの日空いてますか、と事務所にオファーがあったが、ちょうど「バイプレヤーズ」の撮影がはいっていたためマネージャーが、館山で撮影なんです、と返すと、またですか、館山で何かあるんですか、電話するとこみんな館山って言われるんですけど、と言われたらしい。名脇役がこれだけ集まってればそうなるだろうな。
ビール(ほんとは発泡酒)を飲みながらようやく「聖女の毒杯」を読み終わる。素晴らしい。よくぞミステリ作家になってくれた。今年一番だな。まだ1月だけど。
まだ1月かー。

| thestandard | - | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
thr
3日目。
10時に起床。ハムトースト食べて、犬の散歩。朝風呂。
「精霊の守り人」「タモリ倶楽部」「ガキの使い」の録画を見る。
昨夜、犬の顎におできを発見したので(オデキ感激)、動物病院へ。
バイキンか腫瘍かよくわからないとのことで塗り薬で様子見。
少し太ってきたので痩せた方がいいとのこと。ご飯減らすか。散歩は増やせぬ。
家に戻って散歩した後、クーラーと空気清浄機の掃除。長い休みじゃないとやる気にならない。
夕飯を食べながら、「91days」のラスト3話。
何かあるかなと頑張って見てみたものの、最後まで味も深みもなく、思わせぶりなだけの駄作。見るんじゃなかった。
| thestandard | - | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
two
2日目。11時に起床。
散歩に行くと見せかけて、パンを焼いてひさびさのハムトースト。
夜中に謎の下痢で、1時間トイレにこもった影響をもろともせず、完食。
プリングルスと綱揚げ食ってりゃ下痢にもなろうってもんだ。

カロリー摂取して犬と散歩。その後、朝風呂。
コジコジをできるだけ見ようと思うも諦めて最終回の正月君の子供が生まれる回を見て満足。

その後、相変わらずの昼寝。昼寝と言っても2時間くらいたっぷり。寝すぎ。子供の頃から寝すぎ。

夕方散歩して、西友へ1週間分の買い物。なぜかうちの近所の西友は、エコーベリーの「GREAT THINGS」が流れている。店員の趣味か。brit rockの再来か。神のみぞ知る。

帰って輸入牛肉のステーキを食べながら、撮りためた「嫌われる勇気」。香里奈は、1年見ないうちに10歳老けたが、嫌いじゃない。
ちょい役の大後寿々花は、14歳の頃の「セクシーボイス&ロボ」がピークであった。見てられない。もう、顔が、表舞台に立てるれへではない。せめて声優とかで再起を図ってはどうか。
| thestandard | - | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
www.flickr.com
幸せの四つ葉
幸せの四つ葉(スズラン)
正しい保健体育
正しい保健体育 (JUGEMレビュー »)
みうら じゅん
こんな先生に出会いたかった。
でも、出会わなくてよかった。
獣国志
獣国志 (JUGEMレビュー »)
ルノアール兄弟
「バカドリル」の鬼才、天久聖一の匂いがする。特に「ヌーディティ」は絶品。
ナンシー関 消しゴム版画
ナンシー関 消しゴム版画 (JUGEMレビュー »)
ナンシー関
馬場と邦衛だけでも見ておいた方がいい。
さようなら、ギャングたち
さようなら、ギャングたち (JUGEMレビュー »)
高橋 源一郎
高橋源一郎は、ただの競馬好きではない。
あなたに似た人
あなたに似た人 (JUGEMレビュー »)
ロアルド・ダール, 田村 隆一, Roald Dahl
田村隆一さんの訳が絶品。
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ

このページの先頭へ